ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 高崎地区 > 都城の文化財 > 東霧島神社の古石塔群・神輿・朱印状(つまぎりしまじんじゃのこせきとうぐん・みこし・しゅいんじょう)

本文

東霧島神社の古石塔群・神輿・朱印状(つまぎりしまじんじゃのこせきとうぐん・みこし・しゅいんじょう)

記事ID:0004089 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

高崎町東霧島 東霧島神社

古石塔群

東霧島神社脇の林の中にあり、宝塔や五輪塔など数十基の石造物が残されています。その形態から中世期のものが多いと考えられています。(写真・左)

神輿

江戸時代の地誌「御道中記」には「寛陽院様 御寄進の由に候処、大破に依り嘉永二年酉年(1849)新に御作り替え」とあり、江戸時代につくられた神輿と考えられています。(写真・中)

朱印状

島津忠昌の朱印状です。島津忠昌は、文明6年(1474)、父島津立久の死去により守護家の家督を継承しました。しかし、あいつぐ一族の反乱や伊東氏や北郷氏などとの戦いの中、永正(えいしょう)5年(1508)2月15日、肝付兼久の反乱の対応に苦慮して自刃しました。(写真・右)

 

東霧島神社の古石塔群 東霧島神社の神輿 東霧島神社の朱印状


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?