ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 高城地区 > 都城の文化財 > 二十三夜待碑(にじゅうさんやまちひ)

本文

二十三夜待碑(にじゅうさんやまちひ)

記事ID:0004168 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

高城町大井手

2メートル程の大きな石に、高さ10センチメートルほどの阿弥陀如来(あみだにょらい)、勢至菩薩(せいじぼさつ)、観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)の三尊像が掘り込まれ、「延宝六年(1678)戊午十一月吉日願主藤作」の銘が残ります。二十三夜の月待信仰に関した石仏と考えられています。

また、以前は仏堂もあったと伝えられています。

 

大井手の二十三夜塔 全景 大井手の二十三夜塔


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?