ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 高城地区 > 都城の文化財 > 日蓮宗五輪塔(にちれんしゅうごりんとう)

本文

日蓮宗五輪塔(にちれんしゅうごりんとう)

記事ID:0004181 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

高城町有水

通常の五輪塔では種字「キャ・カ・ラ・バ・ア」と刻む部分に、日蓮宗で用いられる題目「妙法蓮華経」が刻まれた非常に珍しい五輪塔です。空風輪に「妙法」、火輪に「蓮」(写真・右)が残り、水輪の文字は欠損していますが「華」と刻まれ、土中に埋もれた地輪には「経」とあったと考えられています。

また、水輪には「為沙弥春秀」「享□正月」(□は一字欠損)の銘が残っています。

 

題目五輪塔 題目「蓮」部分


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?