ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 文化財 > 都城の文化財 > 都城の文化財 > 如意輪観音像(にょいりんかんのんぞう)

本文

如意輪観音像(にょいりんかんのんぞう)

記事ID:0004215 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

個人蔵

像高38センチメートル。像の底部には「仏師貞誉(ぶっしていよ)」の銘があり、台座裏には、宝暦8年(1758)に野口善六が、台座・後光・須弥壇(しゅみだん)を仏師竹下文次につくらせ、奉納したとの銘が残されています。

仏師貞誉には、天正2年(1574)の作例が知られていて、本像も中世期につくられた考えられています。

廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の激しかった旧鹿児島藩領に残された数少ない仏像の一つです。

 

にょいりんかんのんぞう


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?