ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

平田遺跡(ひらたいせき)

記事ID:0004596 更新日:2020年5月1日更新

南横市町

ほ場整備事業に伴い発掘調査が実施されました。

縄文時代~中世にかけての遺跡ですが、中心となるのは、集落跡がみつかった弥生時代です。

弥生時代の集落跡からは、竪穴住居(写真:上段中・右)や掘立柱建物、周溝状遺構(写真:下段左・中)など多くの遺構が確認されました。

また、周溝状遺構の内部より、炭状となったお米(炭化米)(写真:下段左)が大量に出土しています。これは全国初の事例であると共に、この遺構の性格を考える上で貴重な発見となりました。

 

平田遺跡空撮 平田遺跡住居跡01 平田遺跡住居跡02平田遺跡周溝状遺構調査 平田遺跡周溝状遺構 平田遺跡出土炭化米


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?