ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 高城地区 > 都城の文化財 > 穂満坊三月十日踊り(ほまんぼうさんがつとうかおどり)

本文

穂満坊三月十日踊り(ほまんぼうさんがつとうかおどり)

記事ID:0004628 更新日:2020年5月1日更新

市指定無形民俗文化財

高城町穂満坊

浜宮踊りとも呼ばれます。昔、牛馬の疫病がはやった際、穂満坊の浜宮にある早馬神社にて、三月十日に祭りを行い、踊りを奉納したのが始まりとされています。現在でも、奴踊り、夫婦踊り(みとおどり)、傘踊りなど、約40種の踊りのレパートリーが伝えられています。

大井手の将軍神社踊り、有水星原の奴踊りとの類似性も指摘されています。

 

三月十日踊り


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?