ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

媽祖像(まそぞう)

記事ID:0004823 更新日:2020年5月1日更新

媽姐(まそ)とは

中国の南部地方で信仰される海上守護神です。

千里眼と順風耳(じゅんぷうじ:千里耳)の二像を従え、航海の安全を守ります。

江戸時代、都城には唐人町と呼ばれる、渡来系の人々が多く住む「まち」が形作られていました。この像は当時の都城と中国との交流を示す貴重な歴史資料とされています。

参考文献:「都城市史 別編 民俗・文化財」 都城市1996年発行

 

マソ像 マソ像 アップ 順風耳?

三体

媽姐像(3Dモデル)

媽姐像(3Dモデル) (PDFファイル/約10メガバイト)

本データの利用については、都城市文化財課(0986-23-9547)までお問い合わせください

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?