ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 文化財 > 埋蔵文化財の保護 > 時代でみる文化財 > 地下式横穴墓(ちかしきよこあなぼ・ちかしきおうけつぼ)

本文

地下式横穴墓(ちかしきよこあなぼ・ちかしきおうけつぼ)

記事ID:0003612 更新日:2019年10月29日更新

地下式横穴墓とは?

地面に穴を掘り、その穴の壁から横方向に穴を掘って造られたお墓です。

古墳時代の中頃から後半(5世紀~6世紀)、南九州の内陸部から宮崎平野部・大隅半島にかけて、数多く造られました。
最初に掘った穴は竪坑(たてこう)とよばれます。横に掘られた穴は玄室(げんしつ)とよばれ、遺体が納められています。竪坑と玄室の間には羨道(せんどう)とよばれるトンネル状の通路があります。羨道と竪坑が接する部分は羨門とよばれ、土の塊や石、板などでふさがれます。
後から亡くなった人を同じ墓に埋葬する「追葬(ついそう)」が見られることもあります。
地下に造られているため、盗掘を受ける事がほとんどなく、多くは副葬品などが当時のまま残されています。また、密封された空間のため、人骨など有機物の残存状態も良好です。

 

 地下式横穴墓模式図

  地下式横穴墓模式図

 

検出 閉塞 竪坑

写真左:竪坑検出状況(黄色の部分が竪坑。土で埋められている)

写真中:閉塞状況(竪坑の土を取り除いた状態。羨門が黒色土で埋められている)

写真右:閉塞を取り除いた状態(玄室へ続く羨門・羨道が見える)

 

羨道 玄室 玄室

写真左:羨道から玄室を見る

写真中:玄室内を上から見たところ(左下に須恵器、中央上部に鉄剣が見える)

写真右:玄室内の埋葬状況(朱が塗られた人骨の横に副葬品がおかれている)

 

土地が陥没したときは?

地下式横穴墓の多くは、耕作中にトラクターなどが玄室天井を踏み抜き、土地が陥没することで発見されます(下段写真)。土地が陥没した時は、地下式横穴墓の可能性があるため、都城市教育委員会文化財課(電話0986-23-9547)まで連絡をお願いします。

陥没01 陥没02 陥没03


旧石器から古墳時代まで
飛鳥から平安時代まで

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?