ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 介護保険 > 介護サービスを利用する > 介護保険サービス > 医師などが自宅を訪問して管理や指導を行う介護予防居宅療養管理指導を紹介します

本文

医師などが自宅を訪問して管理や指導を行う介護予防居宅療養管理指導を紹介します

記事ID:0001995 更新日:2019年10月29日更新

医師や歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などが通院の困難な利用者の自宅を訪問して、介護予防を目的とした療養上の管理や指導を行います。

対象者

要支援1・2の認定を受けている人

費用負担

サービスを利用した本人が法令の規定による利用者負担割合を負担し、残りが介護保険から給付されます。

自己負担(1割)の目安 ※平成30年4月現在

  • 医師・歯科医師のとき(月2回まで):507円
  • 医療機関の薬剤師のとき(月2回まで):558円
  • 薬局の薬剤師のとき(月4回まで):507円
  • 歯科衛生士などのとき(月4回まで):355円

申請手続き

介護予防支援で作成されたケアプランに基づいて、事業所との利用契約などの申請手続きが必要です。

申請に必要なもの

事業所ごとに異なりますので、申請する事業所に確認ください。

問い合わせ

担当のケアマネジャーや当該事業所へ問い合わせください。


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?