ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

子宮がん検診

記事ID:0010082 更新日:2020年5月8日更新

都城市では、子宮がん検診を実施しています。

指定医療機関または巡回検診で受けられます

内容

問診、内診、子宮頸部(または体部)の細胞診、頸部細胞診で採取した細胞片を用いたHPV(ヒトパピローマウイルス)検査

※体部細胞診は、指定医療機関でのみ、医師が必要と認めた場合に実施します

※HPV検査単独の受診はできません。

※75歳以上の人は、HPV検査は受けられません。

対象

・今年度20歳以上(平成13年4月1日以前生まれ)の和暦で奇数年生まれの女性

※和暦の奇数年生まれ(平成9年、昭和61年、昭和59年など)

・子宮がん検診無料クーポン券対象者

予約方法

予約が必要です

指定医療機関

指定医療機関へ、直接予約してください

※健康課への連絡は不要です

巡回検診

インターネット予約<外部リンク>または健康課への予約が必要です

巡回子宮がん検診のインターネット予約画面<外部リンク>

料金

指定医療機関

頸部細胞診のみ

1,900円

頸部および体部細胞診

2,700円

頸部およびHPV検査(ヒトパピローマウイルス)

2,900円

頸部、HPV検査および体部がん検診

3,700円

巡回検診

巡回検診 1,300円

検診料金が免除になる人

※検診料金が免除になる人については、検診料金の免除についてのページをご覧ください。

子宮がん検診無料クーポン券

国全体のがん検診受診率を50%に上げることを目標として、「子宮がん検診無料クーポン券」と「検診手帳」を対象者へ送付します。5月中、発送予定です。

対象

年度末に21歳になる女性(平成11年4月2日~平成12年4月1日)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?