ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 健康 > 予防接種・疾病対策 > 高齢者のインフルエンザ予防接種費用を一部助成しています

本文

高齢者のインフルエンザ予防接種費用を一部助成しています

記事ID:0024393 更新日:2021年9月10日更新

市では、インフルエンザの予防接種を推進するため、高齢者を対象に接種費用の一部を助成しています。インフルエンザの感染防止のため、次の取り組みを心掛けましょう。

  • インフルエンザが流行する前に、ワクチンを接種しましょう。
  • 外出した後や食事前は、うがいや手洗いをしっかり行い、十分な栄養と休養をとりましょう。
  • 人ごみなどへの外出はできるだけ控えましょう。

新型コロナウイルスワクチンとの接種間隔に注意ください!

インフルエンザワクチン接種日の前後2週間は、新型コロナウイルスワクチンを接種することはできません。

インフルエンザワクチン接種2週間後の同じ曜日以降の、コロナウイルスワクチン接種を検討ください。

対象者

次のいずれかに該当する市民

  • 65歳以上の人
  • 60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓または呼吸器の機能に、日常生活が極度に制限される程度の障がいを有する人、およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいのある人(身体障害者手帳1級相当の人)

※医師の診断書または身体障害者手帳の写し等が必要です

実施期間

令和3年10月1日(金曜日)~令和3年12月31日(金曜日)
※原則として、実施医療機関の診療時間の範囲内

接種場所

都城市・三股町内の医療機関で接種できます。詳しくは、令和3年度 高齢者のインフルエンザ予防接種実施医療機関 [PDFファイル/54KB]  で確認ください。​

接種料金(自己負担額)

1,400円(予防接種を受けた医療機関で支払ってください)

  • 自己負担額とは、市が助成する金額を引いた額
  • 生活保護世帯に属する人は接種料金が免除されます。都城市保護課で発行される生活保護受給証明書を医療機関に提出ください。

実施回数

1人1回

接種を受けるにあたって

接種の際は、住所及び年齢を確認できるもの(健康保険証等)を持参ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?