ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 未登記家屋の納税義務者の変更

本文

未登記家屋の納税義務者の変更

記事ID:0008811 更新日:2021年4月1日更新

未登記家屋の納税義務者を変更する場合は、次の書類を資産税課へ提出してください。
また、売買・贈与などの場合と相続・遺贈などの場合、別に書類が必要になりますので、必要な添付書類を確認ください。

提出書類

未登記家屋納税義務者変更届 [PDFファイル/148KB]

この様式については押印が必要です

必要な添付書類

売買・贈与の場合

新納税義務者の印鑑登録証明書
旧納税義務者の印鑑登録証明書

相続の場合

相続人が1人の場合

他に法定相続人がいないことが分かる公的証明書(戸籍謄本など)

相続人が2人の場合

遺産分割協議書に未登記家屋の相続に関する記載がある場合
  • 遺産分割協議書(写し)
  • 相続人全員の印鑑登録証明書(写し)
遺産分割協議書がない、または遺産分割協議書に未登記家屋の相続に関する記載がない場合
  • 戸籍謄本等(被相続人の死亡と相続人との関係が判るもの)
  • 相続人全員の同意書
  • 相続人全員の印鑑登録証明書(原本)

遺贈の場合

遺言書(公正証書遺言以外の場合は、家庭裁判所の検認を経たもの)

提出先

次の問い合わせ先へ提出ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?