ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 文化財 > 埋蔵文化財の保護 > 遺跡で土木工事を行うときは事前に届け出が必要です(工事の届け出)
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・事業者 > 事業者に必要な各種手続き > 文化財 > 遺跡で土木工事を行うときは事前に届け出が必要です(工事の届け出)

本文

遺跡で土木工事を行うときは事前に届け出が必要です(工事の届け出)

記事ID:0001821 更新日:2020年10月7日更新

遺跡(周知の埋蔵文化財包蔵地)にて土木工事などを行う場合、宮崎県教育委員会へ事前の届け出が必要です。

工事の届け出をする際の提出書類

この書類は試掘・確認調査にて遺跡の状態が確認された後、提出する必要があります。また、この書類に対する宮崎県教育委員会の指示により、最終的な遺跡の取り扱いが決定されます。

詳しくは、埋蔵文化財保護の手続きまたは、試掘・確認調査の依頼を確認ください。

届出様式

添付図面

位置図・計画図面(平面図・縦横断図・設計図など)

届出部数

  • 工事の届け出(文化財保護法第93条1項)2部
  • 添付図面2部

用紙サイズ

A4

提出方法

次の問い合わせ先へ持参ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?