ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 子育て支援 > 医療費助成 > 母子・父子等医療費助成

本文

母子・父子等医療費助成

記事ID:0004636 更新日:2019年10月29日更新

助成対象者

父・母 

20歳未満の人を扶養している配偶者のいない女子および男子

配偶者のいない女子および男子に扶養されている18歳になった翌年の3月末日までの児童(ただし、18歳の誕生日が1月~3月の児童は18歳になった年の3月末日まで)

準ずる世帯

父母のいない児童を扶養している兄、姉、祖父、祖母、叔父、叔母であって現に婚姻していない人
※ただし、生活保護、その他の法令などにより医療費の全額給付を受けられる人を除きます。

所得制限

児童扶養手当の所得制限に準じます。所得制限限度額を超えた場合、医療費助成はうけられません。11月から翌10月までは、前年所得額で判定します。

所得制限限度額を超えている期間は、小中学生の子は、子ども医療費助成を受けることになります。新たに登録申請が必要となりますので、手続きをお願いします。

助成額

1人が1月にかかった医療費の一部負担金合計額から下記自己負担を控除した額を助成します。

父・母と高校生以上の子 

自己負担額1,000円/月

小中学生の子

自己負担額 0円/月

助成対象外の医療費

  • 高額療養費や付加給付金による保険給付がある場合は、その分を控除した額です。
  • 支払った医療費のうち、保険外診療分(入院時食事負担金、室料差額、おむつ代、薬の容器代、予防接種、検診など)は助成の対象となりません。
  • 学校や保育所等でのケガまたは病気で医療機関にかかった場合の医療費は、日本スポーツ振興センターの災害共済給付の対象となり、市の医療費助成制度の対象となりません。
  • 学校保健安全法に基づく医療費助成(医療券)を利用する場合も、市の医療費助成制度の対象となりません。
  • 上記対象外医療費を助成したことが後日判明した場合は、助成金の返還が必要となります。

利用方法

父・母と高校生以上の子

通院・調剤薬局(都城市および三股町内の医療機関で受診する場合)

保険医療機関等(整骨院を除く)の窓口で、健康保険証とともに「母子・父子等医療費受給資格証」を提示して、病院からの請求額をお支払いください。
受診月の翌々月末に指定された口座に振り込みます。

入院(宮崎県内で受診する場合)

県内の保険医療機関等の窓口で、健康保険証とともに「母子・父子等医療費受給資格証」を提示して、1,000円をお支払いください。保険診療分のみの医療費の差額を市が医療機関に支払います。

小中学生

宮崎県内で受診する場合(入院・通院・調剤薬局)

県内の保険医療機関等(整骨院を含む)の窓口で、健康保険証とともに「母子・父子等医療費受給資格証」を提示することで、保険診療分の自己負担が無料になります。

次のような場合は、市に助成金の請求が必要です

父・母と高校生以上の子

  • 都城市および三股町以外の保険医療機関で受診したとき(入院の場合は、県外で受診したとき)
  • 受給資格証を提示せずに受診したとき
  • 治療要装具を作製したとき
  • 整骨院で受診したとき

小中学生

  • 宮崎県以外の保険医療機関で受診をしたとき
  • 受給資格証を提示せずに受診したとき
  • 治療要装具を作製したとき

申請方法

1カ月の間に診療を受けた医療機関ごとに「医療費助成金申請(請求)書」の記入をしてもらい、翌月以降に、市役所こども課または各総合支所市民生活課の窓口に提出してください。
なお、医療機関の発行する領収書が詳しく記載(患者名、診療点数、負担金など)されている場合には、その領収書を添付し、「医療費助成金申請(請求)書」を記入してもらう必要はありません。(レシート不可)

必要なもの

  1. 都城市母子・父子等医療費助成申請(請求)書
  2. 都城市母子・父子等医療費受給資格証
  3. 健康保険証
  4. 印鑑(スタンプ式印鑑は不可)
  5. 医療機関の発行する領収書(1の助成申請(請求)書に医療機関の証明がある場合は不要)

母子・父子等医療費助成金申請(請求)書 (PDFファイル/116.71キロバイト)

申請期間等

診療月の翌月から1年以内です。
助成金は申請された翌月の月末に指定された口座に振り込みます。

各種届出

次のような場合は、市役所こども課または各総合支所市民生活課の窓口に届け出が必要です。

  1. 健康保険証に変更があったとき  (新しくなった保険証と被保険者マイナンバー、印鑑が必要)   マイナンバーに必要な書類はこちら(サイト内のページへリンク)
  2. 住所、氏名が変わったとき (受給資格証と印鑑が必要)
  3. 口座の変更があったとき (通帳と印鑑が必要)
  4. 市外へ転出するとき  (受給資格証と印鑑が必要)
  5. 生活(医療)保護・重度心身障害者医療を受給するようになったとき  (受給資格証と印鑑が必要)
  6. 死亡したとき
  7. 交通事故や他人からの暴力、他人の飼い犬にかまれたなどの第三者行為で受診するとき 
  8. 子を扶養しなくなったとき(施設入所や別の人が扶養するようになった場合)

 ※6~7の場合に必要なものについては、問い合わせください。

 母子・父子等医療費受給資格変更(喪失)届出書 (PDFファイル/79.27キロバイト)

医療機関への適正受診に御協力ください

母子・父子等医療費助成は、市民の皆さんの貴重な税金で実施しています。安定した制度運営のため、適正な受診を御協力お願いします。

  • 救急の場合を除き、各種電話相談等活用し、平日の診療時間内に受診しましょう。
  • 同じ病気で複数の医療機関を受診する「はしご受診」は控えましょう。
  • 普段の健康管理を支えてくれる「かかりつけ医」を持ちましょう。
  • 「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」を活用しましょう。
  • 小児救急電話相談「#8000」「0985‐35‐8855」の利用を考えましょう。
  • 薬の服用記録が分かる「お薬手帳」を持ちましょう。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?