ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 納税 > 差し押さえた財産を市税に充当する「滞納処分」について説明します

本文

差し押さえた財産を市税に充当する「滞納処分」について説明します

記事ID:0003451 更新日:2021年2月3日更新

市税を滞納した場合に、差し押さえた財産を公売・取立てて市税に充当する「滞納処分」を説明します。

滞納処分までの流れ

市税を定められた納期限までに納めないことを滞納といいます。
滞納すると、督促状や催告書を送付するなどして納付を催告します。
それでも、納付してもらえない場合、その人の財産(給与、預貯金、不動産など)を差し押え、差し押えた財産を公売・取立て、市税に充当するという滞納処分を行います。
また、納期を過ぎると、納期内に納付した人との公平性を保つために本税のほかに、督促手数料と延滞金が発生します。
なお、納期内に納めることができない等の相談については、納税管理課で受け付けています。

滞納処分の状況(平成31・令和元年度) 

差押財産の種類(件数)

  • 不動産:88件
  • 動産:158件
  • 給与:98件
  • 預貯金:1,790件
  • 年金:9件
  • 所得税還付金:23件
  • 生命保険:26件
  • 家賃:3件
  • 太陽光発電:8件
  • 出資金:2件
  • 供託金:1件

合計:2,206件


みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?