ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 都城市トップページ > 美術館 > 美術館について > アーカイブ > 藤浩志監修 御池の龍伝説アートプロジェクト「準備中」展―アーカイブ

本文

藤浩志監修 御池の龍伝説アートプロジェクト「準備中」展―アーカイブ

記事ID:0032561 更新日:2021年2月9日更新 印刷ページを表示する

霧島・御池に伝わる龍伝説をもとに、現代作家・藤浩志氏を中心に市民と一緒に九頭龍を制作する「御池の龍伝説アートプロジェクト」。令和2年春にその前哨戦として、当館の収蔵作品展にて藤氏によるインスタレーション「その存在はどこから生れたのか?」を展示しました。
今回はこの展示をもとに、藤氏の経歴や都城との関わり、プロジェクトの経過などを紹介します。また、都城や南九州を中心とした龍にまつわる場所を紹介しつつ、鑑賞者が知っている情報を貼りつけてもらうスペースも準備しました。

会期

令和3年2月9日(火曜日)~2月28日(日曜日)

場所

都城市立美術館 展示室4(市民ギャラリー)

休館日

月曜日

時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料

無料

主な展示品

龍模型

インスタレーション「その存在はどこから生れたのか?」内展示物、[Eスぺイス]という作品より「ヤセ犬の散歩」(都城市立美術館蔵)、文集『ヤセ犬の物語』、御池の龍伝説アートプロジェクトの経過報告、龍Map(南九州、都城版)など

また、ロビーには1/2サイズの龍頭部模型を展示しています。

藤浩志氏

藤浩志氏の写真

鹿児島県生まれ。秋田公立美術大学教授・NPO法人アーツセンターあきた理事長。地域自然や廃材を利用し、社会・地域・日常をテーマとしたアートプロジェクトや作品を数多く発表。「ヤセ犬」<外部リンク>シリーズの彫刻作品(都城市立美術館蔵)、いらないおもちゃを交換する「かえっこ」プロジェクト、おもちゃでできた「トイザウルス」、廃材でできた「龍」等多数のプロジェクトを展開する。今回の「御池の龍伝説アートプロジェクト」制作の監修を担当。詳しくは、藤浩志氏ホームページ<外部リンク>で確認ください。

関連リンク

御池の龍伝説アートプロジェクト

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?