ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 山田地区 > 都城の文化財 > 紙本金地著色和田合戦図(しほんきんじちゃくしょくわだかっせんず)

本文

紙本金地著色和田合戦図(しほんきんじちゃくしょくわだかっせんず)

記事ID:0002994 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

都城市立美術館寄託

竹之下信成筆 六曲屏風(ろっきょくびょうぶ)

建保元年(1213)、和田義盛が鎌倉幕府執権北条氏に対しおこした反乱「和田合戦」を描いた屏風です。義盛の三男朝比奈義秀が門扉を押しつぶし奮戦しているところが描かれています。

竹之下信成は都城の人とされ、野々美谷諏訪神社に伝わる「諏訪縁起絵詞(すわえんぎえことば)」と「紙本金地著色和田合戦図」の2作品が残されています。

 

屏風 和田合戦 1 屏風 和田合戦 2


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?