ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

諏訪縁起絵詞(すわえんぎえことば)

記事ID:0003272 更新日:2020年5月1日更新

市指定有形文化財

都城歴史資料館寄託

諏訪神社の由来を絵と詞書(絵にそえられた説明文)でつづった巻物で、主人公「甲賀三郎」が地底を巡り歩き、さまざまな事件の末、姫宮の大明神と結ばれ、諏訪大明神となっていく姿を描いています。

この巻物は、天和2年(1682)の模写とされ、絵を竹之下信成、詞を樗木(おてき)太兵衛武矩が担当しています。竹之下信成は都城の絵師で、この他の作品には「紙本金地著色和田合戦図(しほんきんじちゃくしょくわだかっせんず)」があります。

 

諏訪縁起絵詞 諏訪縁起絵詞 部分


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?