ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 中郷地区 > 都城の文化財 > 正応寺の大太鼓踊(しょうおうじのうでこおどり)

本文

正応寺の大太鼓踊(しょうおうじのうでこおどり)

記事ID:0003325 更新日:2020年5月1日更新

市指定無形民俗文化財

安久町

宥政上人が正応寺の住職となり、天台宗から真言宗へと宗派を改めた際に始められたと伝えられています。

白上着に白股引をつけ、藺笠を被った鉦と鼓、刀を帯びた中入組、矢旗を背負う太鼓組からなり、鉦・鼓・中入組が内輪、太鼓組が外輪となり踊り歩きます。

扮装、踊りの陣形や態様、奏楽の様子など、念仏踊の色彩が強いといわれています。

諸県地方では、天正の頃(1573~1591)も大太鼓踊りが盛んであったようです。

 

正応寺の大太鼓踊1 正応寺の大太鼓踊2 正応寺の大太鼓踊3


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?