ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 都城市トップページ > 美術館 > 展覧会 > 市美展 > 御池の龍伝説アートプロジェクトに協力ください

本文

御池の龍伝説アートプロジェクトに協力ください

記事ID:0033499 更新日:2021年8月31日更新 印刷ページを表示する

九頭龍イメージ

 

霧島・御池に伝わる「御池の龍」伝説をもとに、現代作家・藤浩志氏を中心として、市民と一緒に龍について考え、「九頭龍」を作ります。インスタレーション制作という芸術活動での交流を通じて、地域文化の魅力を再発見してみましょう。

本プロジェクトは、「国文祭・芸文祭みやざき2020」(第35回国民文化祭・みやざき2020、第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会)の分野別フェスティバル事業です。

御池の龍伝説

御池の写真

古来より霧島は,山岳信仰の対象として崇められてきました。現在でも霧島六社権現と呼ばれる神社が存在し、多くの人が祈りを捧げる場所です。山の随所には、天孫降臨伝説や霧島七不思議伝説など様々な伝説が存在し、霧島で最大・最深の火口湖である高千穂峰を望む絶好の観賞スポット御池にも「龍が現れる」という伝説が残されています。

例えば、江戸時代後期に薩摩藩によって編纂された領内の名所をまとめた書物である『三国名勝図会』(さんごくめいしょうずえ)には、平安時代の僧侶・性空上人(しょうくうしょうにん)が御池にて修行を行っていた際、九つの頭を持つ龍が現れて宝珠を授けたと記されています。また都城で語り継がれてきた昔話にも、病気の娘を持つ庄屋と御池の龍が登場するお話があります。

監修:藤浩志(ふじ ひろし)

藤浩志の写真

鹿児島県生まれ。秋田公立美術大学教授、NPO法人アーツセンターあきた理事長。地域資源や廃材を利用し、社会・地域・日常をテーマとしたアートプロジェクトや作品を数多く発表。「ヤセ犬」シリーズ<外部リンク><外部リンク>の彫刻作品(都城市立美術館蔵など)、いらないおもちゃを交換する「かえっこ」プロジェクト、おもちゃでできた「トイザウルス」、廃材でできた「龍」等多数のプロジェクトを展開する。今回の「御池の龍伝説アートプロジェクト」制作の監修を担当。詳しくは、藤浩志ホームページ<外部リンク><外部リンク>をご覧ください。

主な活動の記録

2021年度

リーフレット

リーフレットの表紙の画像

御池の龍伝説アートプロジェクトリーフレット [PDFファイル/8.22MB]

九頭龍

制作中の九頭龍

制作期間:令和3年5月1日(土曜日)~令和3年6月
展示期間:令和3年7月~8月
場所:都城市立美術館前

フォトコンテスト

フォトコンテスト画像

フォトコンテスト詳細

龍情報募集及び龍MAP作成

美術館ロビー展示

龍ロビー展示の様子

藤浩志制作の龍頭部を展示しました。

会期:令和2年5月~令和3年5月

オンラインイベント「ディスカバリュ~、龍を探る」

 ディスカバリュ―、龍を探るのチラシ画像です。

都城や九州の龍について、皆でイメージを共有し、想像をふくらませるオンラインイベントです。

日時:令和3年3月28日午前10時30分~正午
配信:youtube(市立図書館チャンネル)<外部リンク>
イベント担当:市立美術館・市立図書館

詳細:オンラインワークショップ「ディスカバリュ~、龍を探る」

2020年度

「準備中」展

「準備中」展バナー

会期:令和3年2月9日(火曜日)~2月28日(日曜日)
場所:都城市立美術館(展示室4)

展示風景

展示風景1

展示風景2

展示風景3

展示風景4

都城市立図書館での関連展示

会期:令和2年5月~6月
場所:都城市立図書館ギャラリーA

展示風景

展示風景の写真です

トイザウルスなどの展示光景

収蔵作品展「いのりのかたち、ねがいのすがた」展での関連展示

バナー

会期:令和2年3月17日(火曜日)~4月21日(火曜日)
※新型コロナウイルス感染拡大により会期変更
場所:都城市立美術館

展示風景

展示風景の写真です

※インスタレーション作品「その存在はどこから生まれたのか?」初出

関連ページ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?