ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 歴史 > 都城歴史資料館 > 都城歴史資料館 > 都城歴史資料館企画展『発掘速報展 みやこんじょのお宝発掘!』(7月4日~10月11日)

 | 

 | 

 |  

 | 

 | 

 | 


本文

都城歴史資料館企画展『発掘速報展 みやこんじょのお宝発掘!』(7月4日~10月11日)

記事ID:0021790 更新日:2020年7月3日更新

遺跡とは、むかしの人々が生活していた跡が残されている場所のことです。

ムラの跡や水田の跡、お墓などなど。いろいろな遺跡を調べることで、むかしむかしの人々の暮らしや生活様式の変化、どのような人々がいたのかなど、多くのナゾが解き明かされていきます。

今回の企画展では、近年の発掘調査でみつかったモノたちを中心に、発掘調査からわかってきた最新の都城の歴史を紹介します。

ポスター

期間

7月4日(土曜日)から10月11日(日曜日)まで

休館日

毎週月曜日、8月11日(火曜日)、9月23日(水曜日)

※8月10日(月曜日)、9月21日(月曜日)は祝日のため開館

※9月15日(火曜日)は、くん蒸のため臨時休館

開館時間

午前9時30分から午後5時まで

ただし、入館は午後4時30分まで

場所

都城歴史資料館1階 企画展示室

入館料 ※8月1日(土曜日)から8月30日(日曜日)までは、小中高生は無料

個人

大人220円、高校生160円、小・中学生110円

20人以上の団体

大人160円、高校生 110円、小・中学生50円

主な展示資料

旧石器時代

軍神原遺跡

(写真左:たくさんの土器や石器がでてきているようす/角錐状石器がみつかったところ)

軍神原遺跡 軍神原遺跡 角錐状石器

縄文時代

白山原遺跡 上針谷・下針谷遺跡 嫁坂遺跡

(写真左:上針谷・下針谷遺跡でみつかったお墓/写真右:嫁坂遺跡でみつかった土器・石器)

上針谷・下針谷・土坑 嫁坂遺跡の土器

弥生時代

土角遺跡 平田遺跡

(写真左:土角遺跡の竪穴住居跡/写真右:住居跡からでてきたたくさんの土器)

土角遺跡・住居跡 土角

古墳時代

縄瀬横尾第3遺跡 築池地下式横穴墓 菓子野地下式横穴墓

(写真左:菓子野地下式横穴墓でみつかった人骨/写真右:地下式横穴墓からみつかった鉄の剣や土器)

菓子野地下式 地下式横穴墓出土遺物

奈良・平安時代

外ノ口遺跡 郡元西原遺跡

(写真:郡元西原遺跡の大溝)

郡元西原遺跡

鎌倉・室町時代

白山原遺跡 笹ヶ崎遺跡 都城跡

(写真左:白山原遺跡で漆椀がみつかったところ/写真右:都城跡でみつかったたくさんの青花磁器)

白山原遺跡漆椀 都城跡 青花

江戸時代

南御屋しき跡 中町遺跡

(写真左:中町遺跡の調査のようす/写真右:中町遺跡でみつかったお茶碗や木製品、ガラスびん)

中町遺跡 近世遺物

地図


歴史資料館スナップショットへリンク

リンク集見出し

文化庁<外部リンク>

宮崎県埋蔵文化財センター<外部リンク>

宮崎県博物館等協議会<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?