ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

 | 

 | 

 |  

 | 

 | 

 | 


本文

都城歴史資料館 常設展示

記事ID:0025534 更新日:2020年11月27日更新

都城歴史資料館は、平成元年10月に開館し、令和元年10月に30周年をむかえました。

これを記念して、令和2年度に常設展示のリニューアルを行いました。

常設展示「都城三万年の歴史」

旧石器時代から平成の大合併まで、都城盆地の歴史を発掘調査の出土品や古文書などの収蔵品、写真、パネルなどを使いわかりやすく紹介します。遠い祖先が使った石器から、島津氏が活躍した頃の古文書、戦争の時代の記録まで、都城三万年の歴史をぎゅっと凝縮した展示です。

エントランス  旧石器から古墳古代から江戸 大島畠田遺跡 刀 戦争展示1 戦争展示2

2階・3階

「各地区のイチオシ文化財」や昭和の暮らしを再現した「ザ・ショウワ」など、身近な文化財を紹介しています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために

現在、新型コロナウイルス感染症が全国的に拡大しています。当館では、感染症の予防・拡大防止のため、次のような取り組みを行います。

【施設利用にあたっての注意】

  • 団体で来館の際は、予約時に「団体利用時の感染防止策チェックリスト兼同意書 [PDFファイル/161KB]」を提出ください。
  • 個人で来館の際は、入館時に「入館者カード」を記入ください。
  • 入館する前に手洗い・手指を消毒ください。
  • 入館時はマスク等を着用ください。
  • 観覧の際は、他者との間隔を1~2m程度あけてください。
  • 発熱等の風邪症状がある人は来館を遠慮ください。

【当館の対応】

  • スタッフのマスク着用と手洗い・手指の消毒を実施しています。
  • ご来館時に、職員が受付で非接触型体温計を使って体温を測らせていただきます。
  • 施設の出入り口や施設内各所に消毒液を設置しています。
  • 受付窓口での入館料やパンフレット等の受け渡しは、トレーで行います。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


歴史資料館スナップショットへリンク

リンク集見出し

文化庁<外部リンク>

宮崎県埋蔵文化財センター<外部リンク>

宮崎県博物館等協議会<外部リンク>

都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?