ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

中町遺跡の発掘調査2(整理作業篇)

記事ID:0003657 更新日:2019年10月29日更新

梅雨時の中町遺跡は、調査区(ちょうさく)がプールのようになってしまいました。
現場は天候の影響(えいきょう)からなかなか進みませんでしたが、その間は整理(せいり)作業を続けていました。

新しい地層(ちそう)からは、たくさんのガラスびんなどがみつかります。
古いガラスびんからは、東京(とうきょう)と同じようなガラスびんが、都城でいつごろから使われ始めたのか? といったことなどが分かります。

当時(とうじ)の経済状況(けいざいじょうきょう)や物流(ぶつりゅう)を知る大事な資料です。

上段左:調査区・右:ポマードびん/下段左:牛乳びん・右:薬びん

調査区

ポマード瓶

牛乳瓶

薬瓶

リンク


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?