ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 文化・スポーツ > 都城の文化財(地区別) > 姫城地区 > 都城の文化財 > 中町遺跡の発掘調査3(調査区はどこ?篇)

本文

中町遺跡の発掘調査3(調査区はどこ?篇)

記事ID:0003658 更新日:2019年10月29日更新

中心市街地再生事業(ちゅうしんしがいちさいせいじぎょう)にともなう中町遺跡(なかまちいせき)の発掘調査(はっくつちょうさ)には、いろいろな質問が寄せられました。

その中でも多い質問が、「再整備事業の中心の旧大丸デパートには、地下売場があったけど、遺跡は残っているの?」といった質問でした。

今回の調査区は、旧大丸デパートの隣り、木造の店舗や道路があった場所です。事前に行った確認調査で、遺跡が残っていることがわかったため、発掘調査をすることになりました。

遺跡のある地層(ちそう)は、今の地面から1~2メートルの深さです。旧大丸デパートのところは、質問のとおり、地下売場があったため残っていないと考えられます。

上段:調査区の場所/下段左:試掘調査のようす・右:試掘調査のトレンチ

調査区1

調査区2

試掘1

試掘2

リンク


都城市公式LINEお友だち勧誘バナー<外部リンク>

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?